2011年01月16日

八戸の廃墟

先週、蕪島神社に初詣に行ったときに、とうとう念願の廃墟をちょっと撮影できました。

「鮫八戸漁連」とかつては文字がかかっていたのでしょうか…。(鮫はこのあたりの地名)


この文字の落ち方、シャッターの錆び方、壁の汚れ、割れた窓や塞がれた窓…、たまりませんexclamation
初めて見たときから、廃墟好きとしてはキュンキュンしちゃう建物です。
ここを通るときはいつもガン見目

海側には、搬入口(?)があります。


シャッターが開けっ放しなのが謎です。
中が気になるけれど、怖くて入れません。
鳥の巣とか、虫のカタマリとか、何かの死骸とかいるかもしれないし…。
港のそばなので、野犬はいないでしょうけど野良猫ならいるかも?
(廃墟で突然出くわして一番怖いのは、虫や動物より人間ですけどね…)



コンクリートさえも、年月には勝てません。
割れて、錆びて、風化して…。

今は雪が積もっていますが、草が生えている状態の廃墟も好きです。
蔦が絡み、雑草が生い茂ったところにひっそりと残る建物がいいんですよね~。耳をすませば昔の音や声が聞こえてきそうなのに、今では空気が動いていない雰囲気がたまらないのです。
現実問題、夏場は虫も多いだろうし、何か(笑)の腐臭とかも強そうなので、入りたくない季節ですけど…。


おまけ。
廃墟じゃないけれど、錆びついた階段が印象的な工場。
海が近いから、金属は錆びやすいんでしょうね。


「工場萌え」がブームになって久しいですが、
私はどちらかというと稼動している工場よりは、「かつて稼動していた」工場のほうが好きです。

でも、八戸の湾岸部に立ち並ぶ製紙工場の煙突からモクモクと絶え間なく上がる白い煙には、つい見とれてしまうんですけどね…。
ラベル:廃墟
posted by ぴょんた at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「工場萌え」私は京葉のあたりが好きです^^

廃墟、私の家の近くにもあるんですよ~
個人宅なので、外から眺めるだけなのですが。。。
「高額納税車」というプレートが付けられている車が化石みたいに鎮座してたり。
明らかに昭和初期の臭いがします(笑)

部活の訓練中(←山岳部)その廃墟の裏山に登っていたら同級生が滑落したりしました。
その人曰く「ガラスは殆ど割れていたが、雨戸が閉まっているところと居ないところがあった」とのこと。
しかも、「雨戸の一部が釘で打ち付けられていて正直パラノーマル・アクティビティ見たときよりも鳥肌が立った」といっているのです。
廃墟と言うよりむしろ恐怖屋敷なのかと(笑)

そんなこんなで私は木造建築の廃墟よりコンクリの方が断然好きです^^
あんな強固なものがこんなに風化してしまうとは。。。
Posted by KAORU at 2011年01月20日 12:27
KAORU様、こんにちは。

京葉ですか~! 私は京浜派です(≧∇≦)

昭和初期の匂いのする廃屋、かなり気になります! 機会があったら写真でも撮ってきてください♪ 安全な範囲で…。

オカルト苦手な私は、木造住宅や病院の廃墟はムリー! 
KAORU様の最後の2行の文章にはまさに同感です!

でも、子供の頃は、近所の廃屋を探検しに行って、扉の取っ手を引いたら、扉ごと外れてビックリした思い出があります(笑)。子供心に、「直さなきゃ」と慌てました。
Posted by (管理人)ぴょんた at 2011年01月20日 16:00
京浜も良いですよね~(近場ですし…笑)

写真、変なものが写らないように…(笑)
今度トライしてみます。

部室のある建物も廃屋同然の汚さなんですが…(笑)
顧問(49)の在学時に取り壊された校舎の一部がまだ残っていて、そこを使っているんです、、、

ホラー、オカルトは映像を見るのは平気なのですが、実物は近寄りたくありません。。。
もし人骨とか出てきたらただじゃすまないですからね…。
実際あの家でてきそうだし(それくらい怪しいんです)

廃墟探検、今度友達と計画しています。
鉄筋コンクリートの結構しっかりした「バブルの遺産」です^^
サバゲーもかねて…楽しんできます(笑)
Posted by KAORU at 2011年01月20日 18:25
KAORU様、こんにちは。

廃墟探検、くれぐれもお気をつけて~。
以前廃墟DVDを観たら、廃墟に入る際の装備が詳しく解説されていました。

懐中電灯は予備もあったほうがいいとか、応急処置のできる救急セットとか…。
あとはもちろん携帯電話とかですね!

人骨とかはシャレになりませんね(汗)。
白骨化しているだけマシかもしれませんが…。

廃墟はやっぱり外から眺めているだけで満足かも(笑)。
Posted by (管理人)ぴょんた at 2011年01月21日 11:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック