2016年06月03日

第2子が生まれました

再び、だいぶ更新が滞ってしまいました…💧
毎日が忙しすぎて、買った宝塚DVDを観るどころか、開封すらできない。
観たいのに〜と思いつつ、どんどんたまっていく星組DVD。
CDだけは、かろうじて数回は聴けたかな。
宝塚DVD


というのも、4月に我が家に二人目の子供が誕生したのです。
↓これは生まれたてホヤホヤ(1時間後)の写真。女の子です。
新生児


お腹が大きくなってきてからは、一人目の散歩・公園遊び・抱っこ・入浴など
体を使うお世話がつらかった…💨
大きいお腹で、外出先でぐずる12kgの息子を抱えて凍った雪道をゼーハーしながら歩くなんて、
今思い出しても自分にあっぱれだったわ…。

産後の入院中には4月なのに雪が降ったりしましたが
数週間後には桜が咲いたので初外出。
新生児と引きこもっていたので、桜の蕾が膨らんでいるなんてのも半信半疑だったくらい。
外に出て満開の桜を見たら感動でした!
桜2016



↓私と同じ今年4月に出産した方がTwitterで公開していた妊娠マンガ。
途中までしか読めていなかったので、書籍化されたのを知って即買い! 面白いです。




電子書籍版はこちら↓
子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんが【電子書籍】[ EMI ]

妊娠出産に関しては読みたい方だけ以下の「続きを読む」からどうぞ。↓

今回の出産顛末記。

一人目のときは陣痛開始から出産まで24時間以上かかったのに、
二人目は2時間ちょっとでスポンと生まれました。
痛みに耐える時間が短いだけでこんなにも楽なのかと!
陣痛が弱いわけではないけど、短時間だったので体力の消耗が少なかったのです。

しかしお産の進みが早いのも怖いもので
「あれ、お腹痛いかも。でも数日前に発熱と下痢があったし、また下痢かも」と
トイレに入って用を足したのが朝の5時。

しばらくすると痛みが引いたので居間に戻り
主人や義母(出産に合わせて手伝いに来てくれていた)に腹痛を報告。

…している間に、再びお腹が痛いー! 10分から7分間隔くらい?
下痢と陣痛は似ているので、もう自分じゃ判別つかず。
(今思えば、予定日3日前でこの腹痛は陣痛の可能性のほうが高いだろ! と突っ込みたいけど)

「陣痛が来たら進みが早そう(←内診で分かるらしい)だから、急いで来てね」と
主治医から再三言われていたので、私もそのつもりで準備はしていたけど
想像を超えたスピードで陣痛間隔が早まっていったのでした。

病院に電話をして、荷物をまとめて、
起きてきた息子の抱っこ要求をかわし、
とりあえず下着だけ産褥ショーツにはき替えてあとはパジャマのまま。
もう下痢だとは思えないくらい、数分間隔で本陣痛が来ているのがわかり
とにかく早く病院に行かなくては大変なことになる!
何か本能的に焦るものがあり、「早くして!」と初めて夫をせかした覚えが。

約15分後に病院に着いて車を降りて、産科病棟へ向かう道のりが長かった…。
陣痛の痛みが引いている間に歩くのでは間に合わない! と思って
痛みが来ている間も腰を屈めて主人にしがみつきながらヨタヨタ歩く。

で、分娩台に上がって助産師さんに内診してもらったら
子宮口がもう7cm(全開で10cm)ということで
「早いよこれ!」と病院の人たちが一気にバタバタ走りまわり。
陣痛も2〜3分間隔になっている感じでした。

肛門から何か出そう〜! という圧迫感も、
初産のときはそれが何時間も続いて汗をかいて過呼吸気味になりヒーヒーしてたのに
今回はその圧迫感のときに腰を主人に指圧してもらうこと数回。

バタバタ準備に走り回る看護師さんたちが
分娩用の防水シートみたいなのを下半身周囲にセッティングしてくれるときに
「ちょっとお尻あげてくださいー」と言うので
陣痛来てるけど…と思いながらもヨイショとお腹に力を入れて腰を上げたら
その拍子にビシャッと破水。
え! もう? と、私自身がビックリ。
もうその後は赤ちゃん出すだけだもんね…。

それも、数回いきんだら、スポッと生まれました。
あまりにスムーズだったので、赤ちゃんより先に下痢便が出たんだと本気で思ったくらい。
医師もまだ来ていないし、助産師さんに取り上げてもらいました。

お産のスピードに私の脳がついていけず、
どこか外野的な感覚で流れに身を任せていた感じでした。

出産って、楽な人はこんなに短時間で楽なんだぁ〜と、新たな世界を見た感じ。
前回はあまりの苦しさに出産直後に「もう二度と嫌だ」と呟いたくらいだったのに
今回のような短時間での安産なら、まだ何回か耐えられるって思っちゃうわ。
(まあそれでも裂傷やら出血量はそれなりにあったけど)

「家どこなの? 何分で来られる? 本当に進みが早いから急いでね」と
健診のたびに忠告してくれていた先生のおかげで、無事に病院で出産できました。
とはいえ、こんなに早いとは想像以上でしたよ。

分娩を担当してくれた助産師さんからは
「もう少し家でモタモタしてたら、あっという間に身動き取れなくなって
自宅出産になっちゃうところだったよ」と。
3人出産している看護師さんからは
「3人目はもっと早いからね」とも。

朝、ベッドの中でお腹が痛いかも…と思ってから2時間半で生まれるとは。
お産は自分の意思じゃ止められない自然の摂理なんだなぁ…。
そんな状況でもテキパキと、むしろ楽しそうに分娩の準備をする
助産師さんや産科の看護師さんたちが、ものすごく頼もしく見えたわー。


数時間後に分娩台から降りて病室に移動したのですが、
普通に歩けないくらい恥骨が激痛!
お産が早いと一気に開くのでダメージが来るんだとか。
2〜3日は痛いままでヨタヨタ歩きでした💦

何はともあれ、母子とも無事な安産が一番。
posted by ぴょんた at 14:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ときどき訪問させていただいてました。
第2子無事出産おめでとうございます。短時間とはいえ出産は大仕事ですので、お疲れ様でした。
飛行機ネタの楽しい日記のころから読ませていただいてます。子供が小さいうちは大変かと思いますが、これからもブログ楽しみにしていますね。
Posted by フェンスの中で働く人 at 2016年06月08日 10:24
フェンスの中で働く人様、初めまして。コメントありがとうございます。

長い間読んでいただいているということで、ありがとうございます!
最近はパソコンに向かう時間がなくてなかなか更新できないのですが、飛行機の動向は毎日気にしてますよウッシッシ
特にF16のデモ予定がある時など…。

子連れだとカメラを構えたりはなかなかできませんが、道端で堂々と立ち止まって「16かっこいいねー!あっ、3機編隊!」とか話しながら(ほぼ私の独り言)眺めて楽しんでます。
Posted by (管理人)ぴょんた at 2016年06月26日 08:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438579556

この記事へのトラックバック
フェリシモ「コレクション」(頒布会)