2017年04月17日

ぎっくり腰weekとユニクロのリサ・ラーソン

人生初のぎっくり腰から1週間が過ぎ、だいぶ楽になってきました。
とはいえ、まだコルセットがないと不安だし疲れやすいですが。

家事などはだいぶできるようになったものの、
2歳息子(約14kg)の抱っこはまだ避けています。
1歳娘(約8kg)はハイハイなので1日に数回は抱きあげてるけど
「よし! 今から抱っこするぞ!」と腰や腹筋に事前通告してからを意識。
抱っこひもでの外出はしばらくお休みします。
…というか、これを機会に抱っこひも卒業しようかな。

ぎっくり腰は初めの3日間が大事というけれど、
本当に最初の3日間は
立っても座っても寝てても痛いし
寝ているのが一番楽な気はするけれど寝返りも痛いのでほとんど眠れず
発熱も相まってグッタリでした。

でも4日目くらいからは徐々に楽になってきたので
最初のうちに安静時間が取れたのが本当に良かったな〜と思います。


家事育児も、まずは腰に負担をかけないことを意識して
時間をかけずに済ませるようにしていた1週間。

・子供たちの朝の着替えをやめた。一日中パジャマ。激しく汚れた時だけ着替えさせる。
・子供たちの朝昼の歯磨きをやめた。寝る前の1回のみ(主人にやってもらう)。
・昼食は簡単に。冷凍パスタとか冷凍焼きおにぎりとかレトルトとかベビーフードとか。

すっごい楽です。

精神的に。

今まで、子供の着替えと歯磨きがけっこうイライラの素だったことを改めて認識。
1歳娘の着替えや歯磨きはチョチョイのチョイっと(死語?)できちゃうけど
2歳息子の着替えや歯磨きは、着る! 着ない! 磨く! 磨かない! など毎回大騒ぎで
走り回ったり、泣いたり、怒ったり、走り回ったり、怒ったり、散らかしたり…
着替えと歯磨きと外出の支度で1時間以上は確実にかかって
外で遊ばせる余裕もなくもう昼食の時間という日もざら。

そんな毎日から「子供の着替え」「子供の歯磨き」がなくなっただけで
時間と心にすっっっごく余裕ができたのです。
お弁当持って公園に遊びに行こうかー? と言いたくなるくらいの心の余裕。
(しかし、子供はパジャマのままだし、私の腰は痛いので行けないという…)

ま、とにかく日々のお世話では
着替えと歯磨きが、簡単そうに見えてけっこう難易度高いのが分かったのが収穫。
食事を作って食べさせるのが一番大変だけどそれは自明として。


ちょっと前に、ユニクロで夏物のベビー服を買いました。
リサ・ラーソンの子供服がまた発売されていたので。
ユニクロのリサ・ラーソン

(左上だけはリサ・ラーソンでも、子供用でもないですが…)

息子が赤ちゃんだった時のリサ・ラーソンのベビー服も(私が)気に入っていて、
1歳娘に絶賛おさがり中だけど長袖なので、半袖を買い足しました。
肌着なんかはデザインそっちのけでおさがり着せまくっているので
久しぶりに赤ちゃん用の服を選べて楽しかった〜⤴

キャンペーン中で、リサ・ラーソン商品を3000円以上購入で
マイキーのキーチェーンがもらえました。
ユニクロのリサ・ラーソン


色は選べないけれど、なかなか好みの紫色でラッキー❤






posted by ぴょんた at 15:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
二度目のコメントです。
二人のお子さんと奮闘中に^^:ぎっくり腰になってしまったのですね。それは辛いですね。
私も20年くらい前は家事と育児そして仕事と忙しかったことを思い出しました。今では懐かしく、そして少し羨ましいです。
腰痛のときは無理なさらず、ゆる〜〜く育児を、そして、家事はかる〜〜くで良いと思いますよ。
Posted by フェンスの中で働く人 at 2017年04月18日 15:01
フェンスの中で働く人さま、こんにちは。

大先輩だったのですね!
家事と育児と仕事のトリプルは、本当に休む時間を捻出するのが大変そうですね。

短期間だけと割り切って家事はほとんど休ませてもらったおかげでだいぶ良くなってきました。
産後よりも休んだ気がします(笑)。
Posted by (管理人)ぴょんた at 2017年04月21日 16:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
フェリシモ「コレクション」(頒布会)