2017年06月25日

(虫画像あり)アリに擬態している蜘蛛「アリグモ」が出た

蜘蛛が大嫌いです。

アリは別に嫌いではありません。


…が、これは!?

アリグモのオス


庭で発見。
アリに擬態している蜘蛛、アリグモです。
前から見たところ。

2枚目の写真は、後ろから見たところ。
アリグモのオス



大きさもアリと同じくらい。
アリかと思って、手で払おうとしたら
なんか足の数が…多い…8本あるということは…
大嫌いな蜘蛛っぽい!

顔を近づけてよく見てみるとやっぱりアリではない!
歩く姿はアリそのもの。
だけど、逃げるときにときどきピョンと跳ねたり。

これに出会うのは今回が2度目。

昨年、初めて見たときは、蜘蛛だぁぁぁーーーー!! と気づいて
気が動転してサンダルの底で叩き潰してしまったのですが
今度は落ち着いて写真を撮る余裕もありました。


Wikipediaのアリグモの項目によると、

アリグモ(蟻蜘蛛)は、ハエトリグモ科アリグモ属のクモ、および、これに属する種の一つを指す。分布する地域は、北海道南部・本州・四国・九州・沖縄。照葉樹林帯に多い。

アリに非常によく似た姿と大きさをしている。全身ほぼ黒で、若干の模様が腹部にある場合がある。

頭部と胸部が分かれて見えること、腹部にも節があるように見えることから、その姿は非常にアリに似ていて、生きて歩いている場合にはよく見なければ区別できない。




けっこう広い範囲に生息しているのに
子供の頃を含め出会わなかったのはなぜなんだろう。

子供の頃はアリを含めけっこう虫や外遊びはしたほうだと思うけど
図鑑の蜘蛛のページは避けていたから知らなかったのかなー。


posted by ぴょんた at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
フェリシモ「コレクション」(頒布会)