2017年08月03日

八戸三社大祭にみっちゃんを見にいったはずが…

6年ぶりに八戸三社大祭を見に行ってきました。
前回見に行った三社大祭は、震災のあった2011年の中日の夜間運行。

あの時は、豪華絢爛な山車にばかり気を取られて写真を撮りまくっていましたが…
今年の目的は不純で、「みっちゃんが出るから見に行く」。

6月の全国ツアー八戸公演のMC
「三社大祭の8/1のお通りで市長と歩く」という発言があり

何せ情報元がそれしかなく、みっちゃん側からも八戸市側からも公式発表がないし
「全ツの過密スケジュールの合間なのに本当に来るのか?」
「いつ、どこで待機していれば見られるのか?」
と前日までやきもき…。

twitterなどの情報を総合するとどうやら前日には八戸に来ていたようで、
夕方から急いで向かいましたが発見には至らず。
前夜祭の山車展示を見て帰ってきました。
八戸三社大祭2017


↑奇しくも、星組の「阿弖流為」が同じ7/31に日本青年館での初日。
その「阿弖流為」の山車が出ていたものだから、ついつい気になってしまうよねぇ。
満月を背にして吠える狼が印象的。吸い込まれそうでした。
阿弖流為は東北に所縁があるので、数年前に青森ねぶたの山車の題材にもなりました


そして、8/1。
八戸三社大祭のお通りは15時スタート。
午前中から本八戸をブラブラしていましたが
なんと、みっちゃん本人とすれ違うというミラクルが!

突然現れて、私の横を通った!? という衝撃で、しばらく動けませんでした。
コンサートの客席降りよりも近い距離で、反応が追いつかないわ。
あと30秒くらい早く気づいて遠くからロックオンしておきたかった…(笑)。

とりあえず、ご本人がお通りに出る確証は持てて安心。
所々でズンドコの法被を着た方々もいたので、ますます安心。
「あ〜、本当に三社大祭に出てくれるんだぁ」と、やっと喜びがこみ上げてきたのでした。


2011年は山車しか見ていなかったけれど、
今年はおがみ神社で行われた出発式も見てきました。

本殿で儀式が行われたのち、
境内では、おがみ・神明・新羅の三社と、関係者たちによる玉串奉奠。
一般の見物客も、最後に奉納された玉串とともにその場でお辞儀をしてきました。
八戸三社大祭2017


八戸三社大祭2017


しんとした境内に響くほら貝の音、獅子頭の一斉歯打ち。
厳粛で身の引き締まる出発式でした。
今まで、山車ばかり注目していてごめんなさい。

おがみ神社で執り行われる出発式の動画(昨年の様子)。


そして、メインイベントのお通り。
八戸三社大祭2017


先ほどの出発式にも参加していた、おがみ神社の獅子頭(法霊神楽というらしい)も行列にいます。
歩きながらもピッタリ揃った歯打ちをして、沿道から拍手が飛びました。
(歯打ちのあと、獅子頭を脱いで顔を見せる流れのようだけど、小さな子供もいるのよねー。)

お通りの先頭のほうで待機していましたが、一向にみっちゃんは現れず。
「市長と歩く」の前情報に振り回されてしまいましたが、
結局市長さんとは歩いていないっぽい…?

この天狗がみっちゃんだったりして…? と見つめたり(冗談ですが)。
八戸三社大祭2017



結局、お通りのスタートよりだいぶ遅れて、みっちゃん登場!
八戸三社大祭2017


浴衣だー! 北翔海莉柄だー!


しかし、この時点で市長(の乗った馬)はだいぶ先まで進んでしまっていたし
別の場所(青森県つづがいるところ)に加わったみたいです…
「みたいです」というのは
人波にのまれて姿を見失ってしまったから…。

なにせ、中心街はすごい人。
歩道は幅の半分くらいがイスなどが置かれて観覧場所になっているので、
追いかけようにも、じりじりとしか進めない。

車道はお通りの行列なので一般客は出られないし。
みっちゃんは車道をどんどん先に進んでいったので
大きな山車に隠れてすぐに見失ってしまいました。

八戸三社大祭2017


まあいいか…
浴衣姿も、笑顔も見られたし、
私服姿ですれ違うこともできたし…。

「蕪島名物みそもち」の前を通過するみっちゃん。
八戸三社大祭2017



八戸三社大祭2017



そして、みっちゃんを探してさ迷い歩いているとき、
生まれて初めて、
虎舞に頭をかじられたーーーー!!!

無病息災のご利益があるそうです。
やったー!


今年は厳かな出発式も見られたし、
行列も先頭からラストまで全部見たし、
みっちゃんは少ししか見られなかったけど
八戸三社大祭というお祭りを以前より深く知ることができたなぁ。




↑八戸テレビ放送の生配信動画。
つづといっしょに笑顔で手を振りながら歩いていらっしゃいました。
結局笛は吹かなかったのかな? 




ラベル:宝塚 お祭り
posted by ぴょんた at 15:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

フェリシモ「コレクション」(頒布会)