2017年02月20日

折り紙のコマと2歳児の成長

郵便局の窓口に行ったら、折り紙のコマをくれました。
おりがみのコマ


窓口にたくさん飾ってあって、幾何学的な形が素敵。

局員さんが「コマいりませんか?」と(子供に)薦めてくれたけど
これがコマだとは言われてもわからなかった…。

本当にコマなのか…? 聞き間違いだったのかな? と
帰宅して半信半疑で回してみたら、
見事に回転しました!!
おりがみのコマ


紙で作ったとは思えないくらいスムーズに、
結構長い間回っています。
ギザギザだった形の輪郭が見えなくなるのも楽しくて
私自身も結構楽しめました。
木製のコマよりも軽い力で回せるので、2歳児も喜んで遊んでいましたよ。

これは、折り紙の色を変えたら美しいグラデーションが生まれそう。
作り方をネットで調べたら、結構複雑で工程も多いようなので
時間のある時に集中してやらないとできないかも…。
2歳児は最近ハサミで紙を切るのが好きだし、
0歳児は最近紙を食べるのが好きなので
綺麗な色の折り紙なんか出したらすぐ奪われそうだわ。

その2歳児、近頃やっと歌や踊りを真似ることができるようになりました。
テレビの子供向け番組の踊りすら真似しなかったので、
心配すること早1年超だったんですが…。
いやもう生まれてから今まで心配がなくなった時期は一日たりともないんですけどね。

なんと! 「北翔海莉ザ・ラストデイ」のDVDに収録されている
サヨナラショーの振りつけを真似したのです💡
ガイズ&ドールズ


いや〜もう涙が出るほど感動しましたよ。
真似した相手がスカイだからというわけじゃなく
テレビ画面を見て真似するようにやっとなってくれた! と。
私が大げさに喜んでいるのを見て、
楽しそうに何度も何度もこのポーズを真似していました。

脳内の単語がだいぶ増えてきたのか
歌を真似して歌うときも発音が正確になってきました。

「ロマ〜ンス 初め〜ての 出会いで〜♪」
という歌詞の宝塚のCDをかけていたら
「ロマ〜ンス 初めての しょうぼうしゃー」と
勝手に替え歌にして歌っていたり。

私が歌っているのを歌い継げるようになったのも感動。
「がぎぐげごー がぎぐげごー♪」と、Eテレ番組の歌を私が歌うと
「びだくおんおん びだくおん♪」と返してくれたのは嬉しかったなぁ。

極めつけは
「ばらを ばらを ばらを ください♪ 百万本のばらを ください♪」 
と私が歌っていたら、
「おかね」
と、一言。

うん、確かにね。
お金がないから家を売ってバラを買い占める歌だからね…。



posted by ぴょんた at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

最近食べた、ちょっぴり珍しいもの

最近食べたちょっと珍しいもの二つ…。

ゆず入りのうどん!
ゆずうどん


麵が黄色いです。
練りこまれている黄色いツブツブが見えるくらいのゆず含有量。

熱湯に入れた瞬間からゆずのいい香り〜❤
ゆず七味をかけていただきました。

息子は「ラーメンみたいなおうどんだねー」と言っていましたが
まさにそんな色合いだわ。
一見するとちゃんぽん麺みたいな…。


そして、最近でもないけど
昨年末、池袋のCoffee valleyというカフェに行きました。
coffe village


「スリー・ピークス」という珍しいセット。
同じ豆(この日は2種類から選べました)を使って
エスプレッソ・マキアート・ドリップの3種類の抽出方法で入れたセット。

もうこの見た目がワクワクしますもんね…。
こういう風に提供するお店、初めて知ったけどほかにもあるのかしら?

オシャレなカフェのアプリ内でオーナーの方のインタビューがありました。↓
看板メニュー“3PEAKS”と“トースト”の誕生秘話(Vol.2)
エスプレッソを知らない人がまだたくさんいる、という思いに基づいているということ。


coffee valleyは、パーラー江古田のパンを使っているそうで
そのスモークチキンサンドイッチもいただいてきましたよ。
coffee valley



何より印象的だったのは
ビスコッティが超絶硬かったこと!!
これまでの人生で食べたビスコッティの中で一番の硬さ。

常々、硬さを期待して食べても「あまり硬くないな」とがっかりするビスコッティ。
でも、ここのお店のビスコッティは違った!
歯が折れるかもしれないと本気で思った初めてのビスコッティ。
コーヒーに浸して食べるというのが本当に理にかなっているくらい。
本当にうれしかったです。

いやー、次に行ったらテイクアウトで買ってこようっと⤴



posted by ぴょんた at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

バレンタイン&アーモンドプードル消費

バレンタインデー。
マテ社のトリュフドールチョコレートは安定のおいしさ。
箱の色が真っ赤になっていたのにはびっくりしたけど…。

冷凍庫に眠っていた皮つきアーモンドプードルと
シナシナになってきたりんごと
いつ買ったのか思いだせないティーバッグを消費したかったので
りんごと紅茶のマフィン。
りんごの紅茶ケーキ


思い立って、ココアパウダーとくるみも消費したかったので
ブラウニー生地をパウンド型で焼いたもの。
ブラウニー


どちらも、アーモンドプードルがたっぷり。
低糖質スイーツを作るために買ったアーモンドプードルなのです。


チョコレートといえば、
最近ハマっているのが明治のTHE Chocolateのジャンドゥーヤ味。
THE CHOCOLATE


もう3箱くらい買っています(笑)。自分用です。

PARMのヘーゼルナッツ味はちょっと甘めだったので
リピートはしないかな。

春が近づいてくると抹茶味のスイーツが新発売されるように、
冬はジャンドゥーヤ味のスイーツがもっとたくさん発売されることを願います。
ガリガリ君リッチのジャンドゥーヤとかあったら絶対買っちゃうな…(笑)。

↓カファレルのジャンドゥーヤのクリーム。
食べてみたいけど…うーん、絶対太りそうだー!



posted by ぴょんた at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

アイムスのインドアキャット

ちょうど、ぽんた用に買ってみようかなぁ? と考えていたアイムスのインドアキャットが
モラタメに登場していたのでタメしてみました。

アイムス


昨年末に、楽天からもこの商品のサンプルが送られてきたのよね。
楽天にしても、モラタメにしても、アイムス側からのプロモーションなんだろうな。

アイムスは過去に食べさせていた期間もあったけど
マグネシウム含有量や価格など総合的に考えて
今は別のドライフードを与えていたところ。
(ぐりは膀胱炎体質なのでお高い療法食…)

昔買っていたアイムスはインドアキャットではなかったけど
今回もらったサンプルの食べっぷりがすごくよかったので
購入することにしたのでした。
…そんな矢先のモラタメ様様。
1.6kg入りが約800円🎶

成分表示。鶏肉!
アイムス


ぽんたはもう14歳だしシニアの餌にしたほうがいいのか悩むこともありますが…
痩せ気味なのでもうちょっと太ってほしくて。

よく食べてます。
アイムス


やっぱり、猫も毎日同じ餌だと飽きるのは確かなようで
新しいものは喜んで食べてくれますね。
飽きてきたころに、別のフードをちょこっと混ぜて風味を変えてみたり試行錯誤です。



タグ:
posted by ぴょんた at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

◎赤丸急上昇◎小田原〜!

神奈川の実家に帰省している間、何度か小田原へ行きました。
小田原


小田原 ここ数年、私の中で赤丸急上昇の土地。
少し前までさびれた城下町だったのが、なんだかどんどんオシャレになってきているのよね…。
何より、おいしいお魚がいっぱい⤴

小田原バル


小田原城は昨年改修を終えたばかりらしく、ピカピカでした。
お城の裏の子供遊園地の豆汽車に乗ろうとしましたが点検で運休中⤵
子供は30円で乗れる白バイとか車でも喜んでいたけど。
小田原


白バイは、駅伝の先導をするというゲーム風。さすが箱根駅伝の地。


小田原城に隣接している報徳二宮神社の境内に新しくできたカフェにも初めて行きました。
きんじろうカフェと、小田原柑橘倶楽部。
きんじろうカフェ


二宮金次郎のシルエットのコーヒー!
二宮金次郎グッズもたくさん販売していましたよ。

私がハマったのは、小田原柑橘倶楽部のホット片浦レモン。
片浦レモンという地元のレモンを使ったホットレモンが、すっごく酸っぱいのです!
寒い中を歩いてきた体に染み入るクエン酸〜!

足柄茶のジェラートは、素材そのものの色なんだろうな〜という深い緑色。
近くのポンデケージョ専門店のお菓子も売っていました。
ポンデケージョ自体はここでは販売していないので、実は先にお店に行って買ってきちゃった〜

小田原は昔ながらのお店も残っていながら、
お菓子やパンのお店がいっぱいできてきているのが、一番気になるところ。
今回は行けなかったけど、次の機会はぜひ「麦藁」というパン屋さんに行きたいなー。




posted by ぴょんた at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
フェリシモ「コレクション」(頒布会)